高校生(未成年者)は保護者(親)の承認が必要

脱毛サロンに通うのはお金もかかりますし、時間もかかります。高校生は親の承諾が必要です。銀座カラーをはじめとする脱毛サロンのほとんどは、無料カウンセリング、または無料相談をしないと、脱毛サロンに入会できないシステムになっています。

 

高校生の場合は、無料カウンセリングを行う場合においても、必ず親(保護者)の同伴が必要になります。「親に内緒で」というように、安易に考えている場合は要注意です。

 

私は今、自分が親という立場になって、一番思うことは、子供の体の特徴や癖などは、子供自身よりも知っていることが多いということです。例えばアレルギーや、風邪をひいた時の症状の特長などです。

 

もちろん、傷の治りやすさとか、日焼けの程度、そういったことは、同性の親であれば当然親子ですから似ています。

 

そういった知識を無料カウンセリング時に親に聞いてもらうことで、不安だったことが解決したりもします。痛いとか熱いとか、脱毛の効果とか、そういったことも、親に聞いてもらえば気がラクです。

無料カウンセリングっていったい何をするのでしょうか?

無料カウンセリングでは、自分の体毛の特徴などの相談もできますし、場合によってはサロンで行っているサービスを少しだけ無料体験できることもあります。

 

実際に使用している脱毛器を使った軽い施術も受けられることでしょう。サロンが独自に行っているお肌のケアの方法も教えてくれるかもしれません。女子なら一度は体験すべきでしょう。

 

母親と一緒に行けば心強いですが、通うのは自分ですから、自分自身の心構えというのもとても重要です。カウンセリングに行く前には必ず、自分が気になるムダ毛の部位や、処理したい期間などをきちんと頭の中で整理していきましょう。

 

自分自身に気になるムダ毛や場所がある場合、普段人に言えない場所のムダ毛についても、心構えをしっかり持って、聞くべきことをしっかり聞くようにしましょう。

カウンセリングでは勧誘されると聞いた

脱毛サロンは現在非常に競争が激しい業界です。ですからどこのサロンもお客の囲い込みに必死になっているのは当然です。特に無料カウンセリングを受けてくれたなら、もう一歩で契約まで行けるということで、担当の人としても入会に必死に誘ってくるでしょう。
ただし、現在はあまりに強引な勧誘はしません。勧誘というよりも、親切だったり丁寧だったり、サロンの特徴を説明することによって、お客を囲い込むという方法が主流なのです。

 

ですから、その話を聞いて、自分がそのお店のコンセプトに合っていると思えば、そのまま話を進めればよいですし、うーんちょっと違うかもと思ったら、一度保留にして他のサロンを探しても良いのです。

 

 

価格体系が複雑でわかりにくい

 

無料カウンセリングでは、脱毛に関する悩みを相談するとともに、実際に支払わなければいけない料金についてもしっかりと打ち合わせをしておく必要があります。銀座カラーは月割の支払となりますが、学割という割引制度があります。

 

自分が申し込もうとしているコースと学割を合わせて、月々の支払がどの程度になるのかについては、必ず聞くようにしてください。また、学割の割引率の違いによって、部位ごとのコースよりも、全身脱毛コースを選んだほうが特になる場合もありますので、是非とも相談してみてください。

 

なお、銀座カラーの無料カウンセリングについては、以下のリンクから詳細を確認することができますので、この後時間がある方はちょっと覗いてみると良いかと思います。
⇒銀座カラーの無料カウンセリング詳細はこちら