ムダ毛の自己処理はかえって危ない!サロンに通うメリットがここに!

銀座カラー,高校生,メリット

よく毛を剃ると、どんどん濃くなるって言いますよね、実はあれ本当なんです。間違ったシェービングを毎日続けると、ムダ毛がたくましくなるだけでなく、黒ずみの原因になったりもします。

 

たとえばワキの毛の自己処理が下手な人の場合、あからさまに「剃ってきました」という痕が残っている人も夏場によく見かけます。実はあれ、剃り残しがあるよりも厄介だって、知っていますか?

 

剃り残しなら、剃りなおせばいいのですが、黒ずみだけはどうにもなりません。痕が残ったものをいくら治そうとしてもほとんどの場合、それが治ることはありません。

 

そのような場合の多くは、シェービングを行ったあとに、ファンデーションを塗って黒ずみが目立たないようにしたりするくらいしか方法がありません。


シェービングがお肌に与える影響も大きい

女子の悩みとして多いのがVIOの毛の悩みです。毛を剃って、少し黒ずみがあるととても気になりますよね。初めて見た時はショックですよね。私も相当悩みました。

 

大人になってからみんなそうなんだということを知ってホッとした経験があります。毎日のシェービングはそのような悩みをより深くする可能性があります。

 

白くて美しい肌を少しでも長く保ちたいのであれば、VIOの脱毛はかなりお勧めです。しかもカウンセラーのお姉さんとの会話はかなり自分にとって自身になることが多いので、是非聞いてみてください。

 

カウンセラーのお姉さんたちは多くの経験を持っていますから、あなた自身が他の人と比べてどうなのか?についても必ず知っているはずです。

日焼け後の自己処理は肌荒れのもと

やっぱり脱毛といえば露出の多い夏のイメージですよね、夏は海にプール、部活にと大忙しの毎日です。そんな忙しい毎日の中で、シェービングなどの自己処理は極めて危険です。

 

例えば日焼けした肌に剃刀の刃を立てるのは、とても危険です。肌荒れの原因にもなりますし、細かい傷が炎症の原因にもなるでしょう。将来そういった場所が積極的にシミになったりするケースも多いです。

 

もう一つ、日焼け止めをたくさん縫って、日焼けを防いだ肌、これも肌は弱っていますので、きちんとしたケアが必要です。日焼け止めクリームは、日焼け止め効果が高いほど落ちにくく刺激が強いという性質があります。

 

考えてみれば、海やプールに入っても落ちない日焼け止めクリームですから、落とすときにクレンジングが必要になります。クレンジングは上手にやらないとお肌を痛める原因になります。

 

脱毛というのは、単にムダ毛を処理するだけではありません。素肌の健康を保つことのほうがムダ毛の処理よりも重要であるということを必ず意識してください。

 

現実問題、日焼けしてダメージを受けた肌には脱毛器での脱毛は行いません。サロンに行ったときに断られます。きれいな肌を目指して脱毛サロンに通ったのに、かえってダメージ肌になってしまっては本末転倒ですからね。

 

是非、ムダ毛のないきれいな肌を目指してがんばってくださいね。